うつ病の種類に注目|正しい治療を受けるのが得策

症状に合わせて治療しよう

医療

うつ病の種類と治療法病院選び

うつ病は気分の落ち込みが顕著な気分障害の一つですがその種類も様々にあり、治療法等も異なります。その種類ですが、広く見れば躁うつ病も含まれるかもしれません。これは気分の高揚と落ち込みが顕著で気分が高揚している時には怖いものなしで逸脱行為も構わず行ったりもしますが、落ち込んでいる時には希死念慮が出る場合もあります。また、気分の高揚と落ち込みが著しいことから本人の負担も非常に大きなものとなります。この他には仮面うつと呼ばれるものがあります。仮面うつは本人の自覚がないもので、つまり気分の落ち込みを本人自身が自覚しておらず、急にこれまで興味のあったものが途端に興味をなくしたり、原因不明の不眠や倦怠感が突如として生じるようになるものです。本人にうつ病の自覚がないため発見する時には重症化していることも多く、いくつかあるうつ病の種類の中で非常に厄介なものと言えるでしょう。その他新型うつ病と呼ばれるものも近年現れてきています。この新型うつ病というのは特定の条件で生じるもので、例えば職場や学校に行った時だけ顕著な気分の落ち込みや希死念慮が現れるというものです。しかし、こうした条件がある時だけ生じ、それ以外は特に変わった様子もなく日常生活を送ることができることから、本人の気分の持ちようであるとかただ単に気合いが足りないだけと言われ、周囲からはなかなか理解を得られないものでもあります。そのため周囲の協力が治療に不可欠であるうつ病にとって新型うつはなかなか治療が進展しない種類ものであるとも言えます。こうした種類もありますが世間でよく知られている気分の落ち込みだけが主に見られるものもあり、こちらは早期発見早期治療をしなければ自殺に至る大変恐ろしいものでもあります。しかし、いずれの種類のうつ病も薬物療法が治療の中心となり、まずは服薬を継続していくことが望まれます。それでも治療が芳しくない場合には休職し、入院による薬物調整やカウンセリングや精神科デイケアといった心理社会的療法を行う必要もあります。また、重症化した場合には精神科病院にかかり、ある程度自立した生活を送れるのならメンタルクリニックに通院するだけで十分です。

Back to Top