うつ病の種類に注目|正しい治療を受けるのが得策

うつ病の正しい理解

ドクター

様々な種類があるうつ病

うつ病というと、一般的には気分がとても沈み込んでしまい活力が出ない状態を思い浮かべる人が多いでしょう。これは抗うつ状態が起こっている大うつ病性障害と呼ばれるものです。現代社会ではこの症状を訴える人がとても多くなっており、具体的には気分の落ち込み・物事に対する興味の薄れ・体重減少・疲れやすい・不眠といった症状が起こりやすくなります。一方でとても元気になってしまい、自分は何でもできるんだと思い込んでしまう躁症状が出る人もいます。このタイプのうつ病は、抗うつ状態と躁状態が交互に訪れるのが特徴で双極性うつ病と呼ばれています。抗うつ状態のときは一般的なうつ病と変わらない症状を示すために、診断を間違えることもありますが、この二つは根本的に治療法が異なるために注意が必要なのです。また最近では大うつ病性障害においても細かな種類分けが行われるようになってきました。従来しられているものはメランコリー型と言われるものであり、真面目すぎたり物事への融通が利かない性格の人が多く発症します。すべての失敗や不調の責任を自分のせいだと思い込む傾向があり、そのことによりさらに症状が悪化することになります。それと比較されるのが新型・逃避型と呼ばれるような非定型うつ病です。責任あることを避けがちで問題を他人のせいにしたり、自分の好きなことをしているときには症状が出ないといった特徴があります。原因はストレス耐性力が低いことも一因であると言われていますが、症状が出ているときの苦しさはメランコリー型と同様にとても苦しいものです。ただし、嫌なことからは逃げていると周りには理解されることも多いため、理解が得られにくいという問題もあります。心療内科等での病院での薬物治療はメランコリー型も非定型も同じですが、心や身体をケアする対処療法はそれぞれの種類によって異なるアプローチが最適とも言われており、自分自身や周りが正しく理解することが重要です。うつ病治療は薬だけでは改善には向かわないことが多いものです。カウンセリングやセラピーなどを利用していろいろな種類の治療を同時に行っていくことが望ましいと言えるでしょう。

Back to Top