うつ病の種類に注目|正しい治療を受けるのが得策

適切な治療を受けよう

カウンセリング

近年におけるストレス社会によってうつ病を発症する人が増えてきており、大きな社会問題となっています。うつ病には様々な種類があり、適切な治療をしていくことが重要となします。

Read More

発見が遅れやすいうつ

女の人

早期発見早期治療を目指す

うつ病と言えば極端な気分の落ち込みにより日常生活に大きな支障をきたしたり、悪化すると自殺にも至る大変恐ろしい精神疾患であります。しかし、しばしば心の風邪と称されることもあり、また種類によっては表面化しにくいところもあり発見が遅れやすいものでもあります。そこで、うつ病の特徴や種類について知り、早期発見早期治療につなげていただけたらと思います。うつ病には気分の落ち込みや不眠といった症状が二週間以上にも渡って続く一般的によく知られたものがありますが、この他にも仮面うつ病と呼ばれる種類のものがあります。仮面うつの特徴はとにかく本人が無自覚であることで、発見が大変遅れやすいものです。というのも、本人自身は気分の落ち込みを感じず、原因もよくわからないまま、これまで興味のあったものに興味を示さなくなったり、倦怠感や不眠が生じるというものだからです。そのため周囲の人や本人も様子が変わった程度の認識であり、内科等にかかっても特に異常も発見されないため発見が非常に遅れやすく、気づいた時には重症化していることもしばしばあります。この他にも新型うつ病と呼ばれる種類のものがあり、この新型うつも非常に発見が遅れやすいものです。というのも、この新型うつは職場に行った時や特定の人物に会った時等、特定の条件下で症状が現れるものだからです。そのため職場や特定の人物が嫌だからそのようになるのだとして、本人の気合いが足りないものだとか、単なるわがままであると片付けてしまい、発見が遅れやすいものであります。しかしながら、特定の条件下であるとは言え症状が長らく続き、重症化しているようなら一度精神科病院やメンタルクリニックにかかると良いでしょう。うつ病はどのような種類のものでも高血圧や糖尿病のように数値で現れるものではなく、本人の実感や様子によって初めてわかるものです。そのため精神科の病院にかかるのもしばしば憚られるものでもありますが、不眠ややる気、倦怠感、気分の落ち込みが二週間以上続くようなら一度精神科病院にて診てもらう方が望ましいと言えるでしょう。

うつ病の正しい理解

ドクター

様々なストレスが発生する昨今では、うつ病を発症する人が急増しています。ただしひとことでうつ病といってもいくつかの種類があり、治療へのアプローチも異なってくるのです。

Read More

がんや難病とうつ病

男性

医師から「がんです」と言われて、平気な人はいないでしょう。がん患者さんの5〜10%は、うつ病になっているというデータがあります。うつ病かと思われる種類の症状があるときは、精神科や心療内科を受診することをお勧めします。

Read More

症状に合わせて治療しよう

医療

うつ病には躁うつ、仮面うつ、新型うつ等の種類があります。治療の中心は薬物療法ですが治療が芳しくない場合は心理社会的療法も併用します。重症化している場合には精神科病院に、ある程度自立できる場合はメンタルクリニックの通院で十分です。

Read More

症状に合った治療を行う

看護師

自分自身だけでなく周囲の人をも巻き込んでしまううつ病は、早期治療を行いましょう。うつ病は種類によって症状も治療方法も異なるので、専門医の協力の元自分に合った方法で治療することが大切です。

Read More

Back to Top